初等科・マイルーム通信科製作デザイン

 

ベレー型 (テキストNO1)

ベレー 帽子はベレーに始まり、ベレーに終わると言われる。まずは、1枚の型紙から丸いシルエットの出るシンプルな丸いベレー帽。

 
 

キャスケット型(テキストNO1)

キャスケット ベレー帽に、フロントブリムを付けた形がキャスケット。ゆとりのあるクラウンを、変化させ楽しみたい。

 
 

ターバン型(テキストNO1)

ターバン ブリムが無く、頭に布を巻いたようなデザインがターバン。3枚の布から仕上げるが、タックで変化をつけ、お洒落な表情に。

 
 

クロッシェ型(テキストNO1)

クロッシェ 帽子というと一般的に浮かべる形が、ぐるりとブリムのあるクロッシェ。角クラウンに、夏の日差しも除ける程よい幅のブリム。

 
 

ベレー型(テキストNO2)

ベレー トップピースが、円形なので、丸天ベレーとも呼ばれる。シンプルなシルエットに、ビーズや飾りをあしらって完成。

 
 

キャスケット型(テキストNO2)

キャスケット クラウンが1枚裁ちのキャスケット。サイドバンドがアクセントになり、年齢を問わず人気のデザイン。

 
 

ウインター型(テキストNO2)

ウインター すっぽりと頭を覆う、ウインター用の帽子。リバーシブルの仕立て方を学ぶ。

 
 

クロッシェ 型(テキストNO2)

「角」がテーマで、後ろの襟足が空いている、
さりげなく、変わったデザイン。
綺麗に角を出すための技術をマスター。

 
 

ハンチング型(テキストNO3)

ハンチング 最近では、男女兼用として、特に若い年代に人気のあるデザイン。ゴルフのティ差しの飾りのつけ方も学ぶ。

 
 

ドゴール型(テキストNO3)

ドゴール 名前の由来は、フランスのドゴール将軍が愛用から。実は、シンプルなものほどすっきり仕上げるのが難しい。

 
 

ベレー型(テキストNO3)

変型ベレー 大小2種類のパターンからなる、ベレー。布の組み合わせで、カットラインが効果的に表現できる。

 
 

クロッシェ型(テキストNO3)

クロッシェ 1枚断ちのクラウンに、くるみボタンがポイント。やさしく女性らしいラインが、被りやすく、人気のあるデザイン。

 
 

キャノチエ型(テキストNO4)

キャノチエ シンプルながら、帽子の構造が良く分かるデザイン。ブリムの張りを出す為ワイヤーを使用。

 
 

キャップ型(テキストNO4)

耳当てつきキャップ 冬は防寒に、夏は襟足の日焼け止めに、耳あてが活躍。丸角クラウンのきれいなシルエットを出したい作品

 
 

変形ベレー型(テキストNO4)

変型ベレー 4種類のパターンで、ハンチング風シルエットを出す。フロントブリムを付ければ、男女兼用としても活躍。

 
 

チロル型(テキストNO4)

チロル型 5枚接ぎのクラウンが特徴。後半の課題として、やや縫製の技術を求める作品。

 
 

8枚接ぎベレー型(テキストNO5)

8枚接ぎベレー 渦巻きのように回転する接ぎラインが特徴。布合わせや、ステッチで強調して、変化を楽しみたい。

 
 

キャスケット型(テキストNO5)

キャスケット やや小ぶりのクラウンの、マリン風キャスケット。サイドバンドの扱いに特徴がある。

 
 

フード型(テキストNO5)

フード 最近は珍しいフード型。赤ちゃん用にもアレンジ可。課題はオーガンジーで、チュールなどの使い方も学ぶ。

 
 

トーク(テキストNO5)

ソフトトーク 改まりすぎず被れるトーク型。リボン飾りの基本も学ぶ。

 
 

ターバン型(テキストNO6)

ターバン 6枚のトップクラウンが若々しく、年齢を問わず気軽に被れる人気のあるデザイン。

 
 

ターバン・トーク型(テキストNO6)

シャーリングトーク シャーリングを入れることで、変化の出るデザインを味わう。トップの縫い方のバリエーションも学ぶ。

 
 

トーク型(テキストNO6)

ピンタックトーク 硬いコットン芯を使用。フォーマル対応の高級感のあるデザイン。芯使い・飾りのまとめが課題。

 
 

ウエディングハット型(テキストNO6)

ループの飾りや、チュールまとめ方
櫛やゴムの付け方なども学ぶ。
アレンジすれば、パーティーハットにも。

 

 

※お問合せ・資料請求
ページのトップへ戻る