活動記録

1975年-

1975-12-13 日本雑貨新聞にて取材掲載 日本テレビ、フジテレビ、テレビ朝日などに出演
 
1978- やまもと寛斎パリコレクション、ブライダルハット制作
 
1979- 雑誌週刊モーニングにてハットデザイナーとしてインタビュー取材掲載
 
1982- トリイ・ユキ パリコレクションの帽子制作
 
1984-02-24 読売新聞「お洒落診断」にて取材掲載1985-06-06 毎日新聞情報ルームに、脱サラ帽子デザイナーとして取材記事掲載
 
1986-05 英王室ダイアナ妃に、3つの異なるテーマ、「平和」「繁栄」「情熱」による帽子作品3点をイギリス大使館に献上
 
1986-05 池袋西武コミュニティカレッジ講師就任
 
1987-03-04 毎日新聞にて、須田京之助考案の浴用タオル1枚で作る「ホームハット」掲載される
 
1988-04 第1回イースターハットの集い 原宿代々木公園にて
 
1988-07-22 読売新聞にて学院生徒取材掲載
 
1988-08-12 読売新聞「オシャレの一つを演出」ハットデザイナーとして取材掲載
 
1989-04 第2回 イースターハットの集い 銀座歩行者天国にて

1955年-

1955-04-01 現院長 須田京之助により、「須田京之助帽子教室」を設立
 
1956-06-02 第1回 帽子作品展 サンケイホール(大手町)にて
 
1958-04-10 日本婦人帽子協会会員になる
 
1961-10-08 日本婦人帽子協会理事に就任
 
1962-03-04 毎日新聞 須田京之助考案「ホームハット」の作り方 取材、記事掲載
 
1962-04-10 「スダシャポー学院」設立(前 須田京之助帽子教室)
 
1966-10-01 東京シャポー会設立
 
1966-10-01 「立体裁断による型紙の製作法」完成
 
1971-05-10 チャリティー帽子ショー開催 高輪プリンスホテルにて
 
1972-1977 下記会場で帽子ショー・展示即売会を恒例で行う。赤坂草月会館・サンシャイン・プリンスホテル・日比谷帝国ホテル  池袋東武デパートなど

東京で人気の誰もが気軽に楽しめる帽子教室より新作紹介やイベントのご案内をしております

1955年より、帽子の魅力とその活用法をお伝えしたいとという願いで、初代須田京之助により創立され、時代に合わせた帽子作りの研究を重ねながら、長年にわたり多くの皆様に親しまれ今日に至ります。お教室では、「作る・被る・楽しむ」からスタートし、「創る・被る・魅せる」までの奥の深い、魅力を発信するべく、企画イベントなども、開催しています。活動記録では、その軌跡とメディア掲載等の記録を合わせてご紹介しています。
※お問合せ・資料請求

ページのトップへ戻る