スダシャポー日記

2017/01/12

今年初の体験講座&フエルト帽子作り方のご紹介(^_^)

1月11日のお鏡開きも済み、(関西ではまだこれからと思いますが)

着々と日常モードになってきた今日この頃、

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 

 

今年初のフエルト帽子体験講座は、明日1月13日(金)14日(土)、

2月3日(金)4日(土)の開催で一旦終了し、

そのあとは、10月頃の開催になる予定です。

 

素敵なマイハットで、新年、ご機嫌なお出かけができますように、
ご検討中の方はぜひ、この機会にお申し込みをお待ちしております。(^_^)
http://sudahat21.com/p-1

(要予約)
さて、本日は、ちょっと専門的なお話になりますが、
フエルト帽子の作り方のご紹介を・・・

 

フエルト帽子を作るには「帽体」と呼ばれる、
帽子を作るためだけに作られた、立体形の材料(輸入品)を使用します。

 

そのフエルト帽体を熱と蒸気を加えて、柔らかくなったところで、
希望のデザインの木型にはめて引っ張りながら、
しっかりと添わせるように、成型していきます。

 

ここで使う帽体も、帽子用の木型も街中のお店では市販されておらず、
制作過程を観る機会もないので、
みなさん、どうやってつくるのだろう???思われているようです。

 

加工する前は、引っ張っても、うんとも寸とも言わなかった素材が、
蒸らして温かいうちは、木型に添わせて引っ張ると、
ぐぐ~んと、素材が形を変えていく面白さには、
ちょっとした感動があるかもしれません。

この工程に、フエルト帽子を作る一番の醍醐味があるのでは、と思います。

 

その後、しっかり成型し乾燥させた帽体は、
サイズを安定させるリボンを帽子の裏側の被り口に縫い付け、
ブリム(つば)の余分な縫い代をカットして縫い、
お好みの色形の飾りを選んで付けたら、完成です。(^_^)

 

DSC_0107-v200

*体験講座で作れるサンプルの1例

 

体験講座では、サンプルの中から、

「色、形、素材、飾り」全てを選べ、
手づくりのオリジナル感満載で、サイズを合わせて被り心地よい
帽子が作れます。

http://sudahat21.com/p-1

 

「お気に入りのマイハット作って・被って・お出かけ」をお楽しみいただき、
ますます笑顔輝く新年のスタートになりますように~と、願っております。

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。
帽子の学校スダシャポー学院 須田京子

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/01/01

2017年 あけましておめでとうございます。

hp%e7%94%a8%e5%b9%b4%e8%b3%80%e6%8c%a8%e6%8b%b62017%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

 

昨年中、ご縁をいただきお世話になった方々、

また、まだお会いしていないスダシャポーのページを観て下さっている方々、

色々な形で「帽子」を通じて繋がれたが事に、心より感謝いたします。

 

本年も、みなさまに帽子の魅力をお伝えしながら、

多くの方に楽しんでいただけますよう、

帽子で笑顔が広がるような活動していきたいと思っております。

 

新しい年が、皆さまにとって、

良き出逢い、発見、喜びに満ちた、素晴らしい1年になりますことを、

心よりお祈り申し上げます。

 

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

 

須田 京子

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京にある帽子教室の様子をスダシャポー日記でご覧いただけますので初めての方も安心です

東京にある帽子の学校スダシャポーでは、洋裁が未経験の方でも帽子が好き、楽しみたいというお気持ちがあれば、基礎から丁寧にご指導いたしますので、気軽に帽子制作にチャレンジしていただけます。スダシャポー日記では、お教室やレッスンの模様をご紹介しておりますので、どんなところか、ご不安がある方はぜひ参考にご覧ください。
帽子教室では初等科からレッスンがスタートし、少人数制のクラスで講師が巡回しながら個別指導いたします。経験やレベルを問わず、一人一人に合わせたサポートをいたしますので、どなた様も安心してご受講いただけます。
20代から70代の幅広い年代の主に女性を中心に様々な目的で、東京近郊のだけでなく関西や東北などの地方からのご受講ただいております。スダシャポー日記では、講師と生徒さんのエピソードや、生徒さんの作品、帽子での活動情報などもご紹介しております。ご入会を検討している方は是非参考にして頂ければ幸いです。

ページのトップへ戻る