スダシャポー日記

2020/04/28

お家で作ろう!魔法の「くるりんハット☆彡」作り方の詳細 無料公開中♪

いよいよ本日は、型紙も、ミシンも使わず作れる、
「魔法のくるりんハット☆彡」作り方のご紹介です。

※今回に至る経緯は、こちらから
http://sudahat21.com/blog/1803

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それでは、さっそくですが、作り方のご紹介をいたします。

ざっくりした流れは、you tubeにアップしましたので、
イメージができるように、ご覧いただけると良いかと思います。

YouTube Preview Image
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<準備する物>

①フエルト生地のように、切り口がほつれず、しなやかさと張りがある生地。
フエルトは、100均で売っているものくらいの余りぶ厚くない物がおススメです♪
*必要な要尺 (作りたいサイズが入る分量を準備してください)

●S サイズ(53~56㎝)    縦22㎝×横57㎝
●Mサイズ(56~59㎝まで)    縦23㎝×横60㎝
●Lサイズ(59~60.5㎝まで) 縦24㎝×横615㎝

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふわっと、お家でかぶる、緩めのサイズなので、
ぴったりさせたい方は、最初に筒状にする時に、
ご自身が被り心地良いように、加減して重ね代を多くして下さい。
仕上がりサイズ+1cmあればOKです。

②はさみ (カッターボードがある人は、カッター&カッターボードでもOK)
③細めの両面テープ 事務用でOK
④定規又はメジャー (いずれも無い人は、下記、Bの手順で進んでください)
⑤チャコペン(無ければえんぴつでもOK)

S表示
M表示
L表示
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<つくり方の手順>

下記、じっくり取り組みたい方向けの、詳細コメント付き手順です。

Aは、最初にきちんと線を引いてから、作り始める場合
Bは、ざっくりと、細かい事は気にせず作ってみたい場合 
の手順になってるので、お好みで選んでください。

1、上記サイズ別の要尺表をめやすに、フエルト生地を長方形にカットする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
A 最初にきちんと線を引いてから、作り始める場合

1、それぞれのサイズ表を見て、横ラインを2本、指定の位置に線を書く
2、横幅が8等分になるように、上の切り口からラインまでと、
下の切り口からラインまで、線を引く

線引きスミの布IMG_2839
3、画像のように、
・上の方を8か所、1㎝程度の長さでL字型になるように
・下の方は、切り口の上に横1列に

  ・中段は右端の切くちの縦ラインに
   両面テープを貼る。
 中段を残して、上下とも書いたライン通りに切り込みを入れる。
線を引いた布切り込みを入れる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Bは、ざっくりと、細かい事は気にせず作ってみたい場合 
  布巾の高さ(短い方)を三等分に折り、
折山のライン2列に筆記具で線を書き入れて下さい。
( 縦線の記入は省略してOKです)

中央の帯状の部分は切らないようにを残して、

上下に、横幅の8等分の、ひらひらができるように、縦に切り込みを入れる。
 <8等分の仕方>
①まず、横幅を半分に折り、上下とも切り込みを入れる。(2等分の位置)
②両サイドの切り口を中央で付き合わせるように折り、折山に切り込みを入れる。(4等分の位置)
③さらに、その間が等分になる様に折り、折山に切り込みを入れる(8等分の位置)

※↑3の写真のように、切り込めていたらOKです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 以後の工程は、ABとも、同様の作業を行います。

2、高さの真ん中の胴体の部分だけ、両面テープで、輪になる様に貼る。

後ろ中心を貼る

3、上下のひらひらが外側に向くように、筒をってた状態で立体に置く。
上下のひらひらを外に開いて、立てて置く

4、頭が収まる部分を作るため、上部のひらひらを切り込みギリギリから内側に折り曲げて、
となりのひらひらに重ねて、角が切り口から1~1.5㎝くらいの位置に来るように貼る。

トップのひらひらを2枚貼るjpg
3、同様に、右隣のひらひらを上に無さ寝るように、順番に重ねて貼りながら、
天辺がきれいに埋まるように、一周させる。
次々と上に重ねるようにして、トップを立体に完成させる、

4 下のひらひらを巻き上げるようにして、本体に切り口を添わせて貼る。

貼る裾のひらひらを、くるりんと巻いて
5、8枚のひらひらを、くるりん♪と、楽しく巻いて、
  好きな位置に両面テープで、貼り、止めるたら、
  出来上がり♪。

8枚ひらひらを貼ったら出来上がり

ぜひ、「スダシャポーの魔法のくるりんハット☆彡」ということで、
みなさんに、楽しんで頂けたらと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★この時期、ご自宅で、
24種の帽子デザインマスターの通信講座が好評です♪
http://sudahat21.com/p-2

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。
楽しく、STAY HOME。
ゴールデンウィークに、少しでも笑顔で過ごせる時間の、お役に立てますように☆彡

須田京子

2020/04/23

お家で作ろう!魔法のくるりんハット~予告編~

本日は、4月の新月。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
日々、押し寄せるリスクのある中、
さまざまな、必要なお仕事に携わって下さっている皆様に、
心より感謝申し上げます。
本日は、予告のみでいっぱいいっぱいの時間になってしまいましたが、
普段帽子に触れることが無い方でも、裁縫苦手という方にも、
小さいお子さんでも楽しめる、簡単な帽子作りのデザイン。

作り方詳細の無料公開は近日中に予定しておりますので、

ぜひ、またお読みいただけましたら幸いです。
材料は、100均の大判フエルト1枚。
大きいサイズの人でも、これ1枚で2個も作れます。
あとは、両面テープと、はさみがあれば、だれでも作れる魔法の帽子、
その名も「魔法のくるりんハット☆彡」(^^)/
縫わないので、低学年くらいならば、お子さんでも
遊び感覚で楽しめるのではと思ってます。
もっと小さいお子さんでしたら、
パパさん、ママさんがちょっとお手伝いしていただけたら。
何故「魔法の・・・」と言う言葉がついているかと言いますと、
形状から受けとる被った人や、
見ている人に伝わる「心理的効果的」が、
陰と陽に分けるとしたら、
「陽の明るさを感じる形」なのです。
なので、楽しく、明るい気分になったり、
ちょっと元気な気分になっていただけると良いな、
と思って、命名してみました。
魔法が効くかどうかは個人差が有ります(笑)が、
そこは、やってみてのお楽しみという事で、
ご勘弁ください。
さらに、ちょっと工夫して、
自分だけの味わいを出したり、
プラスの飾りのトッピングしたりすると、
楽しみながら、オリジナルの発想力も養われます。
子供さんだけでなく、帽子作りを学んでいる方も、
ちょっとしたアート感覚を養えますので、
遊びココロを総動員して、
ぜひ、試してみてください。
今回は、縫製力を問わず、
とにかく楽しむための簡単帽子です。
お家の中ならば、
普段は被らないような楽しい帽子を、
ご家族みんなでかぶっていても、大丈夫という事で、
自粛疲れが出る今日この頃、時には童心に戻って、
普段はしないような格好を楽しんで、
遊んでみるのも、良いかもしれませんね。
IMG_2781IMG_2827
次回は、具体的な作り方をご紹介しますので、どうぞ、お楽しみに☆彡
長文、お読みいただき、ありがとうございました。
須田京子
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2020/03/20

2020年春 ~帽子教室より~

連日の報道で、さまざまな影響で心落ち着かない日々ですが、

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 

なかなか先の見えない状況で、

春のご案内が遅くなりましたが、

やはり、スダシャポーで出来る事は、

「帽子作りを通して、物作りの完成の喜び、

被る楽しさ、帽子を通じた良き出逢い繋がりを

大切に育んでゆくこと」。

 

自分だけの時間も、

どなたかとご一緒できる時間も大切に、

「楽しむこと、喜びを創造できること」を忘れずに、

乗り越えてゆきたいと思う、今日この頃です。

 

お教室の方は、空間のウィルス対策のボトルを置き、

手指の消毒スプレーを準備して開催しており、

今の所は、若干のお休みはございますが、

いつも通りご受講いただいている状態です。

 

例年通り、新入生募集と体験講座のご案内もしておりますので、

ご覧いただければ幸いです。

 

2020春新入生募集_001

http://sudahat21.com/setumeikai

注目ニュースとしては、2020年4月より2021年3月まで

今まで開講していなかった午前クラス「木曜日」の開講が決まりました。

午前中のお時間ならば、と言う方がいらっしゃいましたら、

ぜひ、この機会にご検討ください。

 

2020春体験講座案内_001

体験/イベント

少しでも早く、世界中すべての場所が、

心穏やかに過ごせる方向へ向かっていくことを心より願いつつ、

スダシャポーが出来る事として、

日常の中で、帽子を通じて楽しさや喜びを創るを作る

お手伝いができましたら幸いです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

須田京子

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/10/14

須田弘子帽子作品展ご来場のお礼

DSC_4552

DSC_4550 DSC_4551

 

DSC_4548 DSC_4564

DSC_4574

????????????????????????????????????

10月11日(金)~13(日)の3日間、

2日目は、台風で交通機関がとまり、

やむなく会場OPENできませんでしたが、

 

天気予報で、予測されていたので、

初日は、OPENから、CLOSEまで、

 

懐かしい方や、

新しい生徒さん、

知人や、そのお知り合いの方など

沢山のご来場をいただきましたこと、

心よりお礼申し上げます。

 

また、13日の最終日には、なんと!

 

新幹線が動いていると分かったので、

朝一で、神戸から来ました!

と開店前に、駆け付けて下さった方が

いらっしゃいました。

 

一度はスダシャポーの展示会を観てみたい

と、ずっと思っていらしたとのこと、

 

とても、楽しんで、お気に入りの帽子も見つけ、

須田京之助・弘子・京子の作品の掲載されている

帽子デザインファイルという本と共に、

ご購入されて、

その日のうちに神戸に帰られました。

 

驚きやら、嬉しいやら、ありがたく、

台風と共に、未だかつてない、

忘れられない想い出深いイベントとなりました。

 

私個人として、

とても思い入れの深い展示会でしたので、

やりたかった60年の記念展示会と言う「場」を作ることに、

知恵をしぼり

イメージを形にする事へのチャレンジに、

全力を尽くし、やり切れたように感じています。

 

また、開催にあたって、

連日、大奮闘で準備をしてくれたスタッフほか、

 

搬入・搬出では、

母のクラスや、大塚本校クラスの

一部有志の生徒さんのご協力なくしては、

このように理想の形で開催できなかったことと思い、

改めて、みなさまとの繋がりのありがたさ、

ご愛念に、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

また、ここからが、

新しい一歩のはじまり。

 

皆様と共に、より技術を深め、

表現の楽しさを分かち合い、

それぞれの感性を愛で、

共に幸せな気持ちになる帽子作りのできる

学びの場として、ありたいと願っております。

 

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

須田京子

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/10/13

本日最終日帽子展開催です(^_^)!

 

本日最終日、11時より16時まで、予定通り須田弘子帽子展、開催いたします!\(^o^)/

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ようこそ!東京にある帽子教室・帽子の学校スダシャポーのブログです。

東京にある帽子の学校スダシャポーでは、より多くの方に帽子作りや、帽子の魅力を楽しんでいただけるよう、各種帽子のコース、体験講座、帽子展示販売会、その他イベントも開催しています。

お教室では、20代から70代の、幅広い年代の主に女性を中心に、物作りの経験や、性別を問わず、様々な目的で、東京近郊のだけでなく、関西や東北などの地方からも、ご受講いただいております。(2017年にメンズハット入門専科も増設しました。)

 

スダシャポー日記では、お教室の模様を知っていただけるようなエピソードや、ちょっとためになる帽子の話や、イベントのご案内など、その時々の模様を掲載していますので、参考に、ご覧頂ければ幸いです。

 

ページのトップへ戻る