スダシャポー日記

2018/07/04

風のある日の帽子に、困っていらっしゃる方へ(^_^)

最近は、風が強い日が続いていますが、

みなさま、風の日の帽子、

どうされていますか?

 

入学したての生徒さんから、風あるの日は、飛んでしまうのではと心配だし、

ゴムを顎にかけるのはカッコ悪くて嫌だし、(※あごにゴムをかけるのは、子供の帽子だけです)

帽子を被らないとおっしゃっていたので、

 

今日は、意外と知らない方も多い、

帽子を安定させる、

帽子用ゴムの使い方をお伝えしたいと思います。

 

ちょっとした風の強い日であれば、

帽子専用のワンタッチで取り付けられる、

黒いゴムが優れものとして、活躍してくれます。

ピンゴム

 

↑帽子の裏側に必ず付いている

サイズリボン(黒いリボン)に、ワンタッチでつけられるようにするため、

ゴムの両先端にとがった金具が付いている、

通称「ピンゴム」と呼ばれているものです。

 

こちらを、サイズリボンの両サイドの、やや̠後寄りの、

付近に差します。

 

※リボンと帽子の境目に差し込むかたも、いらっしゃるようですが、

リボンを縫い付けている意糸が切れてしまったり、

抜けてしまうと、ゴムがとれてしまうので、

 

スダシャポーでは、サイズリボンを縫い付けている糸のラインに近い所で、

「サイズリボンにだけ」、金具を差します。

 

帽子の裏側ピンゴム

 

PL法により、金具は差し込む時のみ使用して、

差し込んだ後は、切り落とすことが決まりとなっています。

金具を切り外した後に、

ゴムの先端には、しっかりと結びこぶを作って、

サイズリボンから抜けないようにします。

 

と、ここで、意外に知らない方が多いのですが、

大人の帽子は、ゴムは、あごではなく、

耳の後ろを通って、首筋の襟足の肌に接するようにかけます。

 

ピンゴム着用時

 

写真のマネキンさんは、ノーヘアーなので首の近くにゴムが見えていると思いますが、

実際には、ゴムの上から、髪の毛がかぶさっている状態になるので、

まわりの方からは、一切見えなくなります。(^_^)

 

これで、ちょっとした風では飛ばなくなり、安心しておかぶりいただけます。

 

さらに、強い風の時は、

昔ながらのシンプルな黒いUの字の髪留めピンに、

ゴムも髪の毛と一緒に挟んで留めると、

かなりな安定力になります。

 

※余談ですが、帽子の形的には、

写真のように風の通り抜ける素材でない場合は、

お椀型に下を向いたつば(ブリム)の帽子は、

風圧を受けると飛びやすくなるので、

 

形を動かせる布の帽子の場合は、

風が逃げるように、つばの先を上向きのセーラーハット風にして、

風圧を逃がすようにして被るのもおススメです。

 

陽射しが強い時には、ツバ広の帽子を被りたい訳ですが、

屋内に入り帽子を取りたくなったら、

帽子用のゴムが付いていたら、

それをバックのように腕に引っ掛けて持ち歩く事できるし、

 

カバンの持ち手に、帽子のゴムをひっかけておけば、

↓こんな感じの見映えで、バックを持っているだけの感覚で、

手で持つと邪魔になるのを防げて、良いかと思います。

 

 

カバンと帽子

 

・・・・・と、いう事で、強風お見舞いプチプレゼント♪を。

 

今週末の体験講座ご参加の方で、

ご希望の方には、

完成した自作のお帽子につけるピンゴムを(通常は有料です)

プレゼントしたいと思います。

(^_^)

 

ちょっと便利な、優れものを使って、

風の日も、安心して帽子をご活用いただければ幸いです。

 

<ラフィア帽体で作る、1日帽子体験コース>

http://sudahat21.com/p-1

 

・7月6日(金)まだ、お席に余裕があります。

・7月7日(土)残席、僅かです。

 

この夏、3時間で作れるマイハット作りにご興味がある方は、

ぜひ、お早めにお申し込みください。

 

お待ちしております。(^_^)

 

最後まで、お読みくださり、ありがとうございました。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2018/05/26

2018年春夏帽子作品展 お礼☆☆☆(^_^)

遅ればせながら、作品展開催のご報告をさせていただきます。

 

おかげさまで、5月19日20日の春夏帽子作品展は2日間ともお天気に恵まれ、

遠くは京都他、関東近県、近隣地域の方々合わせて、2日間で約150名のご来場をいただくことができました。

 

 

入って左側面-v270

 

心を込めて制作した帽子達のうち、ワゴン販売も含めますと、約120点が良きご縁を得て、

お客様との貴重な出会いの場になりましたこと、心より感謝申し上げます。(^_^)

 

当日は、様々な帽子の次々に試着して楽しんでいただき、

被り方もお伝えすると、

「初めてちゃんとした被り方が分かった」とおっしゃる方も多く、

帽子のおはなしのタイムで帽子の選び方被り方をご紹介した後は、

みなさま、さらに積極的に色々なデザンンをお手にとってただけるようになり、

イベントの趣旨、帽子の楽しさをお伝えしたいという想いの叶った、

嬉しい出会いの場となりました。

 

 

そして、今回、

研究生の中で、現役で技術の先生をされているTさんが、展示会初出品にも関わらず、

なんと!組み立てし式収納の可能な、

素晴らしいワゴン台も作って下さいました。

 

お天気にも恵まれ、立派になったワゴン販売コーナーは、

沢山のお客様に見ていただけ、大活躍でした。

 

感謝感謝でございます。(^_^)

 

ワゴンコーナー-v270

 

テーマ展示「花」のアート作品展示コーナーでは、

非日常的な様々なデザインの帽子の解説をさせていただくと、

市販には無いアート感覚あふれるバラエティーに富んだ作品に興味を持たれ、

じっくりと滞在して下さる方が多かったように思います。

 

被ることで、変身気分になる驚きで「わぁ~!」と声があがり、

お友達同士で被って記念撮影を楽しんでくださるお客様のご様子に、

出品者一同、制作の苦労も吹き飛び、喜びの笑顔が広がってゆきました。

 

アートコーナー-v270

 

 

ふだんは、黙々と素材に向き合い帽子作りに取り組んでいる研究生ですが、

こうして、被り手のみなさまに出逢えた事は、

言葉では語りつくせない貴重な経験と、

今後の活動へのエネルギーになりましたこと、

心より、御礼申し上げます。

 

 

入って右側側面-v270

 

帽体コーナー-v270

 

姿見正面側-v270

 

ベレーコーナーも-v270

 

出品者一同、この作品展へのチャレンジを糧に、

一人一人の中持っている創作力が伸びやかに育ち、

今後のより良い作品作りに取り組めますように、

また、次回、帽子で笑顔が広がるこの場所で、

みなさまとお目にかかれますことを願っております。

 

最後になりましたが、ご来場のみなさまをはじめ、

制作に追われる出品者を見守りご協力くださったご家族、ご友人、

そして、展示会を通じてご縁のあった全ての方々にとって、

 

今年の後半も素晴らしい毎日でありますように、

ご健康と、ご多幸を、心よりお祈りしております。

 

ありがとうございました。

 

須田 京子

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/05/18

いよいよ明日、明日5月19日から2日間、2018年春夏帽子作品展開催です。(^_^)

半年前より準備を進めてきました春夏帽子作品展、

いよいよ明日、11時よりスタートします。(^_^)

http://sudahat21.com/bazaar

 

今回は出品者は例年より少な目でしたが、

スダシャポーのアトリエの帽子も合わせ、

展示販売約250点の1点物作品が揃いました。

 

☆テーマ作品コーナー

~花~をテーマに、

思い切ったアート的な試み含め、

23人それぞれが精一杯チャレンジした作品をご覧いただけます。

 

☆帽子のおはなし 14時30分より15分程度

帽子の選び方、手持ちの帽子の楽しみ方など、

ご紹介いたします。

 

☆超お買い得、ワゴンセールコーナーもございます。(約150点)

 

この夏、新しい何かに出会いたい方、

帽子のおしゃれを楽しみたい方、

帽子ってそんなに面白いの?と、思う方も、ぜひぜひ、

お誘いあわせの上、ご来場ください。※入場無料

 

年令も経験も様々な研究生の、

バラエティーに富んだ、

ここでしか出会えない帽子達と共に、

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

 

美味しい料理を味見するように、

沢山の帽子を試着して、

新たな発見や、遊び心で楽しんで、

似合う帽子や、

ご自身のお好みのタイプを見つけていただければ幸いです。

 

須田 京子

 

アートコーナー-v270 入って左側面-v270 エアコン側-v270入って右側側面-v270 姿見正面側-v270

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/05/03

ラジオ取材ご報告の、続き(^_^)

ラジオ放送日は、吉田悠希さんに、

取材リポートで、当校に来ていただきました。

 

帽子の似合う、可愛い素敵な吉田さんに、

放送後に、たくさんご紹介いただき、感謝です。(^_^)

 

https://twitter.com/kyokosuda/status/991894576372711424

https://twitter.com/kyokosuda/status/991895090606981120

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/05/03

ご報告(^_^) 帽子教室ラジオ取材

こんにちは、スダシャポーです。(^_^)

ゴールデンウイーク真っ只中、みなさま、いかがお過ごしですか?

お天気は嬉しいですが、いよいよ紫外線が強くなっていますので、

どうぞ、お気に入りの帽子をお忘れなく、お出かけください。

 

遅くなりましたが、

先日のラジオ番組、お聞きただいたみなさま、ありがとうございました。

 

新しく、番組リスナーの方にスダシャポーを知っていただくことができ、

とても、嬉しく思っています。

 

そして、私の知識不足でうっかりしていましたが、(^-^;

放送日から1週間は、こちらで番組を聴くことが出来るそうです。

 

本日が、その最終日になりますが、

聴いてみたかったという方は、よろしかったら、こちらから…

 

草野満代の夕ぐれWONDER4 4月26日(木)

http://radiko.jp/#!/ts/LFR/20180426160000

 

※登場は、再生後49分30秒以降、53分38秒くらいの間の

本当にあっと言う間の4分くらいです。

 

限られた時間で、慣れないことで

なかなか充分にお伝えすることができませんでしたので、

 

少々補足など。(^_^)

 

*体験講座は、ご入学後の本校の本格講座の前に、

3時間程度で、被って帰れるように

体験講座用の制作方法や、布キット教材を研究して、

およその準備していますので、

どうぞ、安心してご参加ください。

 

*本講座では、基本の「き」からばっちり、

ご自身の身につくように、

じっくり取り組めるようになっています。(^_^)

 

*5月19日、20日の夏帽子展示会の詳細は

こちらでご覧ください。

http://sudahat21.com/bazaar

 

すでにプロレベルで活動している人から、

新入生で初参加の方など、

レベルも経験もさまざまな研究生の出品者ですが、

 

それがまた、個性豊かな作品の味わいとして、

他では出会えない帽子として

楽しんでいただけるのではと思っています。(^_^)

 

この夏、是非、ご覧いただきたい新作販売や、

アート感覚のチャレンジ作品展示コーナー、

お買い得のワゴンセールコーナーなども、予定しています。

 

被り方を知りたい!と言う方も、ぜひ、どうぞ。

 

休み明けは、

いよいよ、準備のラストスパート。

 

出品者にとっても、来ていただく方にも

心に残る、楽しいイベントになりますようにと、

願っています。(^_^)

 

それでは、みなさま、どうぞ、素敵なゴールデンウィークを

お過ごしください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ようこそ!東京にある帽子教室・帽子の学校スダシャポーのブログです。

東京にある帽子の学校スダシャポーでは、より多くの方に帽子作りや、帽子の魅力を楽しんでいただけるよう、各種帽子のコース、体験講座、帽子展示販売会、その他イベントも開催しています。

お教室では、20代から70代の、幅広い年代の主に女性を中心に、物作りの経験や、性別を問わず、様々な目的で、東京近郊のだけでなく、関西や東北などの地方からも、ご受講いただいております。(2017年にメンズハット入門専科も増設しました。)

 

スダシャポー日記では、お教室の模様を知っていただけるようなエピソードや、ちょっとためになる帽子の話や、イベントのご案内など、その時々の模様を掲載していますので、参考に、ご覧頂ければ幸いです。

 

ページのトップへ戻る