スダシャポー日記

2019/07/25

かけがえのない時を撮影していただきました ~写真家タカオカ先生に感謝です~☆

写真家タカオカ先生とは、

かれこれ20年近く前に、雑誌オレンジページで、

私須田京子が帽子職人として取材を受けた際、

撮影して頂いたご縁で繋がり、

 

2009年に、ご自身がシリーズで撮られていた、

テーマ「継承」でお声をかけていただき、

スダシャポーの創立者である生前の父須田京之助、

弘子(母)京子(娘)の3人を撮っていただくという、

機会に恵まれました。

10年前の私(若い?!)もいます。笑

 

☆タカオカ邦彦先生 二河白道より

スダシャポ―(帽子作家)継承

 

撮影の数年後に父が他界する事など、

その時には思いもよりませんでしたので

アトリエで撮っていただいた、制作中の父の様子、

3人が揃っていたその風景は、

「かけがえのない時」を写していただいた、

想い出の写真となりました。

 

そして、今年、銀座キャノンギャラリーで開催された

タカオカ先生の写真展に伺った際に

 

私の母須田弘子が、89歳にして

今年の10月に「ありがとう帽子60年」というテーマで

「初の個展開催」にチャレンジすることを

お話したことがきっかけで、

天からの贈り物ののように、

タカオカ先生にお声掛けいただき、

 

この度、須田弘子・京子が、母娘として

撮影していただくという幸運に恵まれました。

 

☆ 写真家 タカオカ邦彦先生 二河白道より

2019年7月 帽子作家母娘として

 

先生の素敵な写真展を、

何度か楽しみに拝見させていただた

一ファンとして、

帽子を通じ、

自分自身と母を撮っていただくという、

大変貴重な機会に恵まれたことは、

本当に有難く、

感謝の気持ちで一杯です。

 

今秋の、母の記念帽子展に向け、

心の励みとして、

二人三脚で、準備を進めていきたいと思います。

http://sudahat21.com/bazaar

※詳細は決まり次第、upしてゆきます。

 

☆人物写真家タカオカ先生が長年撮影された、

時間も場所も超えて、その場の空気を感じ、

まなざしと物語が浮かんでくるような、

素敵な写真をたくさんご覧になる事ができます。

 

二河白道

 

 

近々のご活動は、こちらでご紹介されています。

●FBページ https://www.facebook.com/kunihiko.takaoka

 

感謝を込めて~☆

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/07/06

「帽子のオシャレ入門講座」参加費10倍でも!?の嬉しいお声が。(^^)

 

 

大変ご報告が遅くなりましたが(^^;)

6月1日の「今日から役立つ 帽子のオシャレ入門講座」と、

7日(金)・8日(土)のはじめての夏帽子作り(ラフィア素材)の体験講座は、

大変好評のうち、終了いたした。

ご参加のみなさま、ありがとうございました。

 

帽子作り体験は、2日目は満席で、なんと、後から記帳を確認しましたら、

はるばる仙台から、お越しくださった方もいらっしゃり!

気付いていたら、きっかけなど少しお話したかったと

少々悔やまれました。

 

ひさびさに開催した「帽子のオシャレ入門講座」は、

ご参加人数が少なめでしたので、

個々のご質問や、帽子に関する疑問、お悩み、

持参の帽子の被り方などのご質問にも

ばっちりお伝えすることが出来、

 

「参加費10倍でも良いくらい!♬勉強になった」という

お声もいただき(笑)

久々に思い立って開催した甲斐のある、

充実の内容になったかと思います。

 

中でも、今回、皆さんが一番気になるのは、

やはり「似合う帽子と、被り方」。

 

良いと思って買ったのに、

今一つ、しっくりこなくて、

被れていなかったご持参の帽子も、

次々と被っていただいては、

私の方で、被り方の手直しを入れ

させていただきました。

 

あ~ら不思議、

ちょっと手を加えて形を変えて

被っただけで、ばっちりオシャレに変身~♪

という体験で

どんどん、帽子に興味が深まっていらっしゃるご様子が

伝わってきます。

 

本当に喜んでいただけ、大好評だったので、

今後も、定員は少な目に設定して、

みなさんに濃い体験をしていただくことが、

良いかな~と感じた時間でした。

 

久しぶりに開催したイベントでしたが、

また、季節に合わせて、時折

開催したいと思います。(^_^)

京子先生 教室写真・jpg (1)-w300

 

次回は、秋の入学説明会やhttp://sudahat21.com/setumeikai

体験講座http://sudahat21.com/p-1で、

 

また、ご縁ある皆様とお会い出来る事を楽しみにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2019/02/18

第1回 みんなの帽子実験室のご報告(^_^)

2019年2月16日(土)13時~16時

今年からの新しい試み、

第1回『みんなの帽子実験室』は、

おかげさまで、スダシャポー教室にて満員御礼にて開催しました。(^_^)

 

スダシャポーでは、作るだけでなく、帽子にまつわる様々な知識を深めることを目的に

授業時間の中で、毎月講義のテーマを決め、

テーマに沿った制作にチャレンジした生徒さんの作品を紹介・解説

を行う「研究会」を長年おこなってまいりました。

 

*ホームページのこちらのコーナーでは、

http://sudahat21.com/p-3

研究会のテーマに合わせ、

チャレンジしてみたいと思った生徒さんが出品した中で、

注目を集めた作品をピックアップして、紹介しております。

 

但し、ご自身の課題の実習制作時間を最優先しているため、

座学の研究会は、毎月1回30分間の予定となり、

学びの要素がぎゅぎゅっと詰まった時間ではあるのですが、

時間内にできることには限りがあります。

 

そこで、座学からもう一歩踏みだし、

みんなでひとつのテーマを深堀りして、

体感を通して、学んでいただける機会を設けたいと思い、

今年の新企画が、スタートしました。

 

タイトルは、『みんなの帽子実験室』。

 

テーマに合わせて、全員で作業を行ったり、

実際に身体を動かして、体感しながら、

帽子創りや、帽子の表現に繋がるさまざまなことを、

ピンポイントで実験・体験する『場』としての、ネーミングです。

 

第1回は、帽子の『表生地と芯』について

 

マニアックな内容ですが、少々ご紹介を・・・

 

一口に布の帽子と言っても、その素材は数限りなく、

気に入った布の魅力を最大限生かして、風合いを損なわず

綺麗な立体形を作には、「芯地」の吟味が必要になります。

 

当日は、こちらで準備した14種類の表布と5種類の芯地、

そして参加者のみなさんが各自持参した布の数々で、実験室スタート。

 

まずは、日頃自分では選ばないような、さまざまな布と戯れ、素材を知り

味わい尽くす。

 

その後、グループごとに、

帽子のデザイン、各部に合わせた芯選びを

実際に芯地を接着して触って、変化を体感した上で、

意見を交換しながらベストと思われる物を選んでゆく。

 

繊細な感覚を養いながら、芯地を変えるだけで

思いがけない表情を見せてくれる布に驚いたり、

あらたなデザインの可能性を感じたり・・・

 

時間の経過と共に、

みなさんが楽しそうに、集中・熱中していく様子を拝見し、

初めての試みでしたが、意図が叶い、

まずまず満足のゆく内容になった事を感じ、とても嬉しく思いました。

 

次回は、「似合う帽子の定義・被り方・選び方・サイズにまつわるあれこれ」を

予定しています。

 

「実験室」という内容上、定員は12名限定で、

本校生の優先申込期間後、空き席がありましたら、

一般の方にもご参加いただけるように予定していますので、

さらなるご縁を繋ぎ、楽しい『みんなの帽子の実験室』をご一緒出来たら、幸いです。(^_^)

 

長文、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/09/30

帽子教室インスタグラム始めました。(^_^)

 

遅ればせながら、インスタグラム始めました。

 

まだ慣れないので、ぽちぽちとアップする感じですが、

ご興味がある方、フォローしていただけたら嬉しいです。(^_^)

 

よろしくお願いいたします。

 

 

京子インスタ

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2018/09/09

想い出の野鳥の帽子(^_^)「半分、青い。」

この夏は、相次ぐ台風や地震の災害のニュースで心痛む日々が続いております。

被災地にお住まいのみなさまには心より御見舞い申し上げると共に、

一日も早く安心して過ごせる日常になれますよう心よりお祈りしております。

 

帽子関連の撮影場面の監修に携わらせていただいた、

NHK番組朝ドラ「半分、青い。」は、

いよいよ最終回9月29日までのラストスパートとなりました。

 

プロディーサー様から総集編お知らせメールをいただきましたので、

もし、観そびれていたけれど観てみたい♪と思っていらっしゃる方は、

下記の情報にてご覧いただければ幸いです。

帽子にまるわる場面はおそらく後半で何回か登場します。(^_^)

 

10月8日(月・祝)総合

「半分、青い。総集編」

…前編(再)13:30~14:58(88分)

…後編   15:05~16:33(88分)

 

その他、関連番組は随時、番組の公式HPに情報

https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/news/index.html

 

 

ということで、

帽子に携わった場面放映もすべて終了しましたので

初チャレンジのテレビ関連のお仕事、大奮闘の末完成した、

想い出深い野鳥の帽子も記念にアップいたします。(^_^)

 

※女優さんが被っている画像は、もろもろ制約がありますので帽子のみにて。

 

完成版 正面-v270 完成版右-v270

 

正面                       横から見た所

 

制作前に

「麦さん(麻生祐未さんの役)へのお誕生日のプレゼントで

お姉さんの光枝さん(キムラ緑子さんの役)が作った帽子」

 

という想定を聞いたので、麦の穂もあしらってみました。

 

*元になるシルエットは、ベロアフエルト使用(兎の毛100%の帽子専用素材)

*飾りは、ドライフラワーのレモンリーフ、スモークグラス、

信州産の大麦の穂、どんぐりの実、リアル鳥の羽…などなど。

 

鳥の巣の部分は、ラフィア、小枝、つる等を思う色に染色した後に、

少しづつ加減を見て素材を選び、組み上げました。

 

 

※ルリビタキ(青)・ガビチョウ(茶)・ミコアイサ(白)の野鳥は、

NHK制作部の方が別途専門の方に特注されたものです。

 

きっと、私の中では、今年一番の印象に残るお仕事ではないかと思う、

NHK朝ドラ「半分、青い。」。

 

あともう少しでの終了が寂しい気持ちもありますが、

最後まで応援する気持ちで見守りたいと思います。

 

それでは、みなさま、

夏の終わり、まだまだ蒸し暑い日が続くようですので、

どうぞご自愛してお過ごしください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

須田京子

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

*10月からの秋冬帽子体験講座はこちら http://sudahat21.com/p-1

 

*先週の見学説明会ご参加の皆様、ありがとうございました。

説明会設定日以外でも、授業開講日いつでもご見学受け付けておりますので、ご興味のある方はお気軽にご 一報ください。(ご入学は毎月・月初めより)

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ようこそ!東京にある帽子教室・帽子の学校スダシャポーのブログです。

東京にある帽子の学校スダシャポーでは、より多くの方に帽子作りや、帽子の魅力を楽しんでいただけるよう、各種帽子のコース、体験講座、帽子展示販売会、その他イベントも開催しています。

お教室では、20代から70代の、幅広い年代の主に女性を中心に、物作りの経験や、性別を問わず、様々な目的で、東京近郊のだけでなく、関西や東北などの地方からも、ご受講いただいております。(2017年にメンズハット入門専科も増設しました。)

 

スダシャポー日記では、お教室の模様を知っていただけるようなエピソードや、ちょっとためになる帽子の話や、イベントのご案内など、その時々の模様を掲載していますので、参考に、ご覧頂ければ幸いです。

 

ページのトップへ戻る