スダシャポー日記

2018/01/15

2018年 帽子の花咲く年に(^_^)

新しい年が、動きはじめました。

 

今年は、5月の生徒さんの作品展を予定しています。

アート作品コーナーのテーマは、『花』

 

ご縁のあるみなさまと、帽子の出逢いをつなげる、

楽しさと発見のある時間を

創っていきたいと思います。

 

本年も、どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

2018年賀挨拶

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/12/31

2017年、沢山の帽子のご縁を ありがとうございました(^_^)

こんにちは、スダシャポーです。(^_^)

 

本日は、今年最後の一日ですね。

2017年は、皆様にとって、どんな1年でしたでしょうか?

 

スダシャポーでは、今年は華やかなイベントは行いませんでしたが、

帽子作りを学ばれている生徒の皆さんの、

しっかり大地に根をはる成長を感じられる、

穏やかな、良い1年だったと思います。

 

今年も、新しい方々と出会い、

そして、10年以上学び続けていらっしゃる方々が沢山いらっしゃり、

良い学びの時間を共に過ごせたということに、

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

私自身は、年の後半ほんの数か月ですが、帽子以外のことへのチャレンジも試み、

全力でやり切った感のある時間を過ごすことができました。

そして、そこから

あらためて、帽子との関わりを、新鮮な気持ちで見つめ、

これからの在り方を考えててみることもできた、

良い年末になりました。

 

2018年は、5月に教室にて研究生による

作品展示会を予定しています。

 

「帽子でつなぐ、夢・人・時間」

 

皆様に、楽しく、帽子世界の体験していただけるような

イベントになりましたら、幸いです。

 

大晦日、あれこれと、動き回ることの多い忙しさはありますが、

ゆく年を見つめ、新しい年の1ページに向かう

心のスイッチを準備する、

1日として過ごしてみるのも、良いかもしれません。

 

皆様にとって、今日という日が

良き締めくくりの一日なりますように、

来る年が、良き出逢いと、発見、喜びに満ちた、

素晴らしい年になりますように、お祈りしています。

今年1年の感謝を込めて―。

 

帽子の学校スダシャポー学院 須田京子

 

*追伸 12月26日読売新聞シティライフの情報コーナーにて、

体験講座のご紹介をしていただきました。

新春を素敵に装う、帽子体験講座、

ご縁がある方とお目にかかれることを

楽しみにお待ちしております。

 

http://sudahat21.com/p-1

 

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/10/29

帽子研究会☆ハロウィン、その他作品紹介です(^_^)

今日は、東京はあいにくのお天気になってしまいましたが、

皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

昨日は、横浜高島屋の友の会主催の

帽子作り一日講座。

14名の方にご参加いただき、

全員無事完成で、

恒例の被り方レッスンでは大変盛り上がり、

みなさまに楽しんでいただけたようで、

ホッとしています。

 

さてさて、目前の10月31日は、ハロウィンですが、

巷ではここ数年すっかり定着してきたイベントが、

本日も、あちこちで開催されている模様ですね。(^_^)

 

お天気が気になるところですが、

年に一度のお祭り、

バッチリ変身気分で、

とっておきの衣装で登場を

みなさま、楽しめますように~☆とお祈りしております。

 

仮装と言えば、帽子がつきもの。

普段見られない被り物が、大活躍なのではないでしょうか。

 

スダシャポーでも、月1回の研究会のテーマとして、

今月は、ハロウィン、又はアート作品がテーマでした。

自分のチャレンジしたいテーマのときに出品していただいているので、

その時々、出品数はまばらですが、

なかなかの力作が登場しました。

 

大塚本校のショーウインドーに飾ってありますが、

上半期の優秀作品と共に、

昨日、HPにもアップしましたので、

よろしかったら、ご覧になって下さい。

 

http://sudahat21.com/p-3

http://sudahat21.com/p-3/p-3c/product26

http://sudahat21.com/p-3/p-3c/product25

 

※PCからの方は、そのまま解説をお読みになれますが、

モバイル版の方は、画像をクリックすると、解説が表示されます。

 

 

そして、来週末から、深まる秋に似合う、

帽子のイベント、目白押しです♪♪♪

 

11月2日(金)3日(土)はフエルト帽子体験講座、

11日は、初心者の方も安心♪手縫いの帽子体験講座、

 

http://sudahat21.com/p-1   ※要予約

 

11月25日(土)は、リピーターの方お待ちかねの、

1日限りの、好評イベント!

お楽しみ秋冬帽子バザールも開催します。

 

http://sudahat21.com/

 

今年のおしゃれの「決めアイテム」に、

手づくり帽子を「作りたい」方も、「買いたい」方も、

上記日程で、お誘いあわせのうえ、どうぞ、お気軽に、お出かけください。

 

イベントでは、

ご希望の方は、被り方のレクチャーも受けられます。

 

お気に入りの帽子を、素敵に被りこなして、

お楽しみ頂ければ幸いです。

 

最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

 

須田京子

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/09/01

帽子と出会った秋

 

こんにちは。スダシャポーです。

残暑の中にも、

少しずつ秋風の気配を感じるようになった今日この頃、

みなさまいかがお過ごしですか?

学びの秋、何か始めたいと思っていることはございますか?

 

私事ですが、思い起こせば、ウン十年前!?の10月、

私は父が創立したスダシャポーの帽子教室で、

新入生生徒として、帽子作りを学び始めました。

 

ピンクッション

 

大人になるまで、帽子に限らずお裁縫には、全く無縁だったので、

本当にゼロからのスタートです。

 

ミシンの糸掛けや、鋏の使い方さえ、おぼつかない状態だったことが、

今では懐かしく、思い出されます。

 

初めてのベレー帽が完成した時は、

「わぁ~、こんな風にできるのか、私にも、出来た!」と、

感動しました。

 

「数時間前まで、ただの平らな布だったものが、

まあるく、ふっくらした立体のベレー帽になった。

そして、それを被ると、

ちょっと変身したいつもと違う自分が、鏡の中に居た」

 

ということは、本当に新鮮な驚きでした。

 

そんな私自身の経験がありますので、

お裁縫経験ゼロ、不器用なので心配という方にこそ、

 

「大丈夫です!ぜひ来てください。

不器用だった私だからこそ、身につけられたことが沢山あります!」

 

と、お伝えしたくなってしまいます。

 

 

そして、帽子の楽しいところは、作るだけでなく、

1作目から「被れる物」ができること。

 

帽子のお洒落や、被って出かけるのが楽しみになる、

という副産物がついてくることです。

 

「どこに被って行こうかな~」と仕上がりを楽しみに、

2、3回のレッスンで、新しい帽子が仕上がるので、

飽きずに、程よく技術のレベルアップが進み、

夢中になられる方が多いです。

 

帽子に限らず物創りには、必ず「技術的な法則」があり、

それが分かると、知識は、知恵になり、

応用も効き、

どんどん面白くなるのです。

 

お裁縫が得意な方には、

すでに作ったことがある方もいらのっしゃるとおもいます。

が、分かる様で分からないのが、

「微細な、帽子ならではのコツ」です。

 

ご自身の経験で解決しなかった疑問が

「そうすれば、よかったんだ!」と分かるので、

どんどん、より完成度の高い仕上がりになっていきます。

 

中には、洋裁のプロの方や

洋裁の先生もいらっしゃることがありますが、

 

「帽子は奥が深いですね~。やっぱり習って良かった」

と、おっしゃっていただけるのは、

私自身も、とてもうれしいお言葉です。

 

普段使いの素朴な帽子、

若々しいフレッシュな感覚の帽子、

重厚な格のある帽子、

華やかでエレガントな帽子……。

 

学びにきてくださった皆さん、お一人お一人、個性が違います。

 

さまざまな帽子のデザインに、その方らしい持ち味が充分発揮できること。

 

その『土台となる技術をしっかりお伝えし、その可能性が余すことなく伸せる場』でありたい。

そういう想いで、帽子の学校スダシャポー学院は、ここに在ります。

 

 深めることに終わりのない帽子の世界なので、

 

「日々今より、もっと良いやり方、お伝えの仕方」を考え、

新しい発見を分かち合える喜びを励みに、

 

進んでゆきたいと思います。

 

はじめて帽子作りに出逢った、初心に帰る秋。

 

みなさまに、あらためて、帽子作りのことをお伝えしたく、

長文になりました。

 

ご縁ある方とお目にかかれることを楽しみに、お待ちしております。

 

最後まで、お読みくださりありがとうございました。

 

 

★体験講座・教室説明会・見学会のお知らせ  http://sudahat21.com/p-1

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8 http://sudahat21.com/
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
2017/08/05

8月10日は何の日?

こんにちは、スダシャポーです。(^_^)

 

先日は、ついに今年初のみんみん蝉の声を聞き、

デパートのイベン等も、お子さん向けの内容も増え、

いよいよ夏休み突入という感じですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、

『8月10日』は何の日でしょう?

 

そうです!語呂合わせで、ハット(HAT)の日なのです。(^_^)

 

ハットの日にちなんだイベントを調べましたら、

 

東京帽子倶楽部のサイトで、

毎年行っているハットグランプリの、予選投票募集を見つけました。

 

http://www.boushi.or.jp/hg2017/rule.htm

 

「文化,芸能,スポーツ, 政治,経済などの様々なジャンルで活躍されている著名人の方々の中から、

最も帽子が似合うと思われる人物を男女各1名ずつ、ご推薦下さい。」

 

と掲載されています。

 

1991年から継続されているイベントですが、まだ知らない方も多いかと思いましたので、

ご紹介させていただきました。

 

予選投票期限は、8月10日ですので、

帽子の似合う人に思いを馳せ、

ハットの日にちなんで、一票ご参加されるのも、楽しいかもしれません。(^_^)

 

ちなみに、スダシャポーの在校生の方は、帽子研究会で、

デザインの勉強として、皆で著名人を選び、帽子をデザイン制作したりすることもあります。

 

過去の参考作品・・・

☆マドンナをイメージしてhttp://sudahat21.com/p-3/p-3c/product16-1

☆ジョニーディップをイメージして http://sudahat21.com/p-3/p-3c/product16-2

 

パワフルな芸能人の方をイメージすると、非日常の自由なデザインも生まれ、

思いがけず、素晴らしい作品に仕上がって、

作者本人もびっくりということもありますので、

ぜひ、また、折を見て開催し、皆さまにもご紹介したいと思います。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

東京にある帽子教室の様子をスダシャポー日記でご覧いただけますので初めての方も安心です

東京にある帽子の学校スダシャポーでは、洋裁が未経験の方でも帽子が好き、楽しみたいというお気持ちがあれば、基礎から丁寧にご指導いたしますので、気軽に帽子制作にチャレンジしていただけます。スダシャポー日記では、お教室やレッスンの模様をご紹介しておりますので、どんなところか、ご不安がある方はぜひ参考にご覧ください。
帽子教室では初等科からレッスンがスタートし、少人数制のクラスで講師が巡回しながら個別指導いたします。経験やレベルを問わず、一人一人に合わせたサポートをいたしますので、どなた様も安心してご受講いただけます。
20代から70代の幅広い年代の主に女性を中心に様々な目的で、東京近郊のだけでなく関西や東北などの地方からのご受講ただいております。スダシャポー日記では、講師と生徒さんのエピソードや、生徒さんの作品、帽子での活動情報などもご紹介しております。ご入会を検討している方は是非参考にして頂ければ幸いです。

ページのトップへ戻る