スダシャポー日記

2019/07/25

かけがえのない時を撮影していただきました ~写真家タカオカ先生に感謝です~☆

写真家タカオカ先生とは、

かれこれ20年近く前に、雑誌オレンジページで、

私須田京子が帽子職人として取材を受けた際、

撮影して頂いたご縁で繋がり、

 

2009年に、ご自身がシリーズで撮られていた、

テーマ「継承」でお声をかけていただき、

スダシャポーの創立者である生前の父須田京之助、

弘子(母)京子(娘)の3人を撮っていただくという、

機会に恵まれました。

10年前の私(若い?!)もいます。笑

 

☆タカオカ邦彦先生 二河白道より

スダシャポ―(帽子作家)継承

 

撮影の数年後に父が他界する事など、

その時には思いもよりませんでしたので

アトリエで撮っていただいた、制作中の父の様子、

3人が揃っていたその風景は、

「かけがえのない時」を写していただいた、

想い出の写真となりました。

 

そして、今年、銀座キャノンギャラリーで開催された

タカオカ先生の写真展に伺った際に

 

私の母須田弘子が、89歳にして

今年の10月に「ありがとう帽子60年」というテーマで

「初の個展開催」にチャレンジすることを

お話したことがきっかけで、

天からの贈り物ののように、

タカオカ先生にお声掛けいただき、

 

この度、須田弘子・京子が、母娘として

撮影していただくという幸運に恵まれました。

 

☆ 写真家 タカオカ邦彦先生 二河白道より

2019年7月 帽子作家母娘として

 

先生の素敵な写真展を、

何度か楽しみに拝見させていただた

一ファンとして、

帽子を通じ、

自分自身と母を撮っていただくという、

大変貴重な機会に恵まれたことは、

本当に有難く、

感謝の気持ちで一杯です。

 

今秋の、母の記念帽子展に向け、

心の励みとして、

二人三脚で、準備を進めていきたいと思います。

http://sudahat21.com/bazaar

※詳細は決まり次第、upしてゆきます。

 

☆人物写真家タカオカ先生が長年撮影された、

時間も場所も超えて、その場の空気を感じ、

まなざしと物語が浮かんでくるような、

素敵な写真をたくさんご覧になる事ができます。

 

二河白道

 

 

近々のご活動は、こちらでご紹介されています。

●FBページ https://www.facebook.com/kunihiko.takaoka

 

感謝を込めて~☆

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ページのトップへ戻る