スダシャポー日記

2018/06/29

スダシャポーがお伝えしたい、帽子創りの世界(^_^) ~型紙編~

こんにちは、スダシャポーです。

 

梅雨明け間近で、蒸し暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

もう、熱中症対策にも、外出には帽子必須です!

お気に入りの帽子を活躍させてあげて下さいますように(^_^)

 

さて、先日、手縫い帽子講師会メンバーのSさんから、「型紙作りに取り組む意義」についてご質問がありました。

 

ご熱心なSさんの質問になんだか嬉しくなり、

今日はちょっと、語ってみたいと思います。

(初めて読む方には、何のこと???と言う感じかもしれませんが、

よろしかったらちょっとマニアックな話ですが、さらりとお読みいただければ幸いです)

 

スダシャポーでは、帽子は単なる実用品や、お洒落の域を超えて、

各々の感性を表現できる

「身につけられる素敵な創作アートというポジションにもなる」

と、私自身は考えています。

 

帽子作りの教室であるスダシャポーでは、

それを学ぶ、基本的な帽子作りの入り口として、

毎回、各種技術や帽子についての学びのテーマの盛り込まれた、

すぐに使える型紙で様々なデザイン作り、楽しく被れる初等科。

(被ったことが無いデザインも、被り方で似合ようになるので、

皆さん毎回ルンルン♪気分で、楽しんでいただいております)

 

そして、スダシャポーならではの技術、ゼロから作る、

『立体裁断による、型紙制作技法』が学べる中等科へ。

(ここから、ぐぐっと、レベルアップの世界が始まります)

 

この「立体裁断」は、ご自身で描く帽子のデザイン(布製)を考えて、

型紙として仕上げ、世界で一つのご自身のオリジナルの帽子が作れるようになるためのレッスンです。

 

好きなデザインをどんどん作れたら・・・♪♪♪と思っている方も、

 

目の前に具体的に「自由に、どうぞ、シルエットやラインを描いてください」と言うと、

「慣れていない自由」に、何をどうしてよいか

と、戸惑ってしまいますが、

 

そこは、仕組みを網羅して、よ~く学べるカリキュラムがあるのでご安心ください。(^_^)

(踏ん張りどころの、中等科です)

 

型紙作りの考え方の基礎を身につける課題に添って、

最初のシンプルな線書のイメージから、

実際に被り心地よく被れる帽子として使えるような「型紙」になるまで仕上げていく作業を、

様々なデザインで、地道に繰り返します。

(かなり細かい配慮のいる作業ですが、そこで仕上がりの決め手になります)

 

殆どの方が、最初は「???」で少々悶々としながら、試行錯誤でスタートしますが、

次第に、最初は、全く分からなかった善し悪しが分かり、

「見えなかったシルエットやラインが見える目が養われる」ようになります。

 

そうして、型紙づくりの新しい回路が出来てゆくと、

「ご自身にしっくりとくるシルエット」を描き、

型紙を作ることができるようになります。(継続は力なり\(^o^)/)

 

地道に地道に、試行錯誤で取り組んだ時間は、

ある意味出来上がった型紙以上に、その人だけが得ることができる宝物。

 

その時は良く分からなくても、

上級になるほど、その時の試行錯誤の時間、ご自身で考えて動いた経験こそが、

その後の帽子創りの中で、ゆるぎない力になってくれることを実感してゆけるものなのです。

 

帽子は、自由です。

人生も、自由です。

 

(この言葉を、最近、つい書いてしまいます・・・(^_^))

 

目指す方向や、それぞれのレベルは違っても、

お一人お一人が、世界で一つの帽子を作る、

「ご自身ため帽子のデザイナー」となることができるって、

そして、その探求はいつまでも尽きない世界があるって、

とても素敵な事だなぁ、と思いませんか?

 

試行錯誤で唸る時間も楽しみながら、

チャレンジの素晴らしさを仲間と分かち合い、

 

学べば学ぶほど、広がり、奥の深さを感じる世界と、

ご自身だけの帽子を「創る喜び」を、

ご縁ある方に、スダシャポーというこの場所で、

味わっていただけたら幸いと思います。

 

少し、話がづれましたが、

いつの時も、帽子を通じて、皆さんの中の眠っている可能性が花開き、

人生の一コマを、より豊かな、彩りに満ちた時間にしてくれるきっかけになりますように・・・

と、願いを込めて―。

 

本日は、長文、最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。 須田 京子

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
帽子の学校 スダシャポー学院
http://www.sudahat21.com/
住所:東京都文京区大塚5-11-8
TEL:03-3941-0895
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ページのトップへ戻る